Home > 保全緑地と活動 > 長沼樹林地

長岡樹林地

所在地

◆宇都宮市長岡町

フィールド面積

◆105,568平方メートル

◆[直営:5,000+保全契約:100,568]

ボランティア名

◆長岡の森ワーキンググループ

樹林地の概要

◆長岡樹林地は宇都宮の中心部より北へ約3kmの位置にあり、富士見が丘団地と長岡公園にはさまれた形で残された緑地です。

 斜面の林の小道を下りコナラ林に入ると、すぐ団地や公園は視界より消え、遠く里山にわけ入ったような別世界の様相に包まれます。この長岡樹林地は中央部が低地で水源や湿地になっており、北限と言われるトウキョウサンショウウオが生息し、近年ほとんど見られなくなったヌマガヤも繁茂しています。水辺を好むハンノキは市内で最大の林となっています。下流の谷津田では昔ながらの自然の小川が流れ、ホトケドジョウ・アブラハヤ・サワガニ等が生息し、よく手入れされた土手にはツリガネニンジン・ノアザミ・リンドウ等が咲く草花の多様なところです。昔と少しも変わらぬ里山の姿をここに見ることが出来ます。

ボランティア活動日

◆第2・第4日曜日,第1・第2・第3木曜日

活動予定と保全地の詳細集合場所