Home > 保全緑地と活動 > 鶴田沼緑地

鶴田沼緑地

所在地

宇都宮市鶴田町

フィールド面積

84,264平方メートル
[保全契約:1,830+管理委託:59,500]

ボランティア名

鶴田沼の自然を育てる会

樹林地の概要

インター通りと宮環十字路の北に広がる丘陵地、そこが鶴田沼です。宮環を降り、緑のトンネルを抜けると、かんがい用の沼にでます。広びろとした沼の北側には湿原が広がり、それを囲むように雑木林と栗林が連なります。宮環の喧騒がうそのような静けさで、市街地にありながら貴重な手付かずの自然がそこにあります。静かな沼は時として朝露にけぶる幻想的な装いを見せ、マガモや青サギが羽を休め、鮮やかな群青色のカワセミが見事なハンターぶりを披露しています。湿原にはサギソウが咲き乱れモウセンゴケやミミカキグサが可憐な花を咲かせ、7月ともなるとハッチョウトンボが姿を見せます。森は、早春の萌黄色、秋の華やかな紅葉などの四季折々のうつろいを演出しています。冬枯れの雑木林には、落ち葉のじゅうたんが敷き詰められ、木々を飛び交うヤマガラやコゲラが、空にはオオタカやノスリが私たちを歓迎してくれます。

ボランティア活動日

毎月第1・第3日曜日

活動予定と保全地の詳細、集合場所